2013年07月07日

メニエール病と男性

一般的にメニエール病は女性に多い病気と言う
認識がありますが、実は男性も発症している方は
多く存在しています。


メニエール病は年齢によって差はありますが
男女問わず発症する可能性があるのです。


メニエール病は30代からが発症するケースが多いとされ、
性別比率はほぼ男女共に差はないものの、
若干女性の方が多い傾向にあります。


基本的な要因についてはまだまだ不明な点があるものの、
ストレスや疲労が原因の一因とされています。


男性で考えると、30代からが発症するケースがある事から
考えられる事は、社会的にストレスがたまりやすい
年齢であることや体力がやや衰えを感じ始める
年齢だと考えられます。


つまり社会的要因が多いのではないかと考えられます。


メニエール病を抑制するために薬物治療が有効で
使用しますがあくまで対症療法なので症状の
軽減効果は見込めても、根本的治療には疑問が残ります。


薬物療法で症状が治まったとしても完治しているわけでは
ないのです。頻度は減ったとしても症状は繰り返し起こる
場合もあるのです。


その為、症状が出ないための対策をする必要があります。
冒頭に記載したようにメニエール病の要因と
考えられている者にストレスがありますが、
なるべくストレスを受けにくい環境下が必要となってきます。


そうは言っても社会人で働いている以上は、
多くの場合ストレスがほぼ必ずかかると考えられるので、
上手なストレス発散をする必要があります。
posted by メニエール病対処 at 11:50| メニエール 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。