2013年07月06日

メニエールは病院通いで治療します

メニエール病は厚生労働省によって特定疾患として難病の
一つに指定されています。


しかし、特定疾患治療研究事業対象の疾患ではないとされ、
医療費助成の補助は受けられないのが現状です。


その治療法は病院通いで薬などの投与や、点滴、注射などを
中心に行われます。


只、病気の発見が遅延になるほど慢性化してしまう為、
場合によっては前庭神経術(平衡感覚に関与する前庭神経を
切断しますが、聴覚の神経をキズつける事はありません。)や、
内リンパ嚢解放術、膜質迷路破壊術などの手術によって、
めまいを取り去ったり、聴覚を改善するなどの
処置が行われますが、殆どの場合、手術の必要はないとされています。


早期発見、早期の治療が、メニエール病の慢性化を
防止する大変重要なポイントです。


いずれにしましても、メニエール病は内耳の疾患で、
命の危険を伴う重篤なものではありません。


通常、手術以外の一般的な治療法はその症状や経過によって
異なるものの、抗めまい、鎮吐など投薬によって鎮静させる、
又、酷いめまいには生理食塩水(塩化ナトリウム)の
点滴補液や、抗ヒスタミン剤の注射、鎮吐薬は胸が
むかむかして吐き気がある悪心に、不安感を強く持っている
患者には、その抑制効果のある抗不安薬が、めまいに難聴を
伴うケースでは、副腎皮質のステロイドや、イソバイドなどの
浸透圧利尿剤が投与されます。
posted by メニエール病対処 at 09:35| メニエール病 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。