2013年07月06日

メニエール病対策としてのウォーキング

ウォーキングには基礎代謝を高め
血行をよくする効果が期待できます。


基礎代謝が高まると水分の排出量が多くなり、
血行が良くなると体内の水分調節が改善されます。


これはメニエール病には大変有効な方法であると
考えられます。


なぜなら水分摂取と水分排出の釣り合いが取れて
いないことでメニエール病の原因である
内リンパ水腫ができるとされているからです。


もちろんこれだけではなく、メニエール病の原因の一つと
されるストレスを発散させる効果が期待できます。


運動不足の方は、日頃外で体を動かすことが少ない
でしょうから、ウォーキングをすることにより、
外の景色を楽しみながら体を動かし、開放感により
ストレスを発散させることができます。


またメニエール病を現在患っている方以外の方でも
予防としての効果が期待できるため、取り組んで
いただきたい方法です。


このようにウォーキングにはダイエット効果だけでなく、
健康面でも効果的な方法であるといえます。


みなさんも短い距離からでいいので毎日継続的に
行ってはいかがでしょうか。
posted by メニエール病対処 at 09:30| メニエール病と運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。